次回のご案内


第52回韓日歴史・文化フォーラム


今後の少子高齢化社会を考える

―在日そして地域社会の高齢者問題― 

 

 尹 基(田内 基)氏の母である田内千鶴子氏は7歳で韓国・木浦に渡り、後に父・尹致浩氏と結婚して木浦・共生園で孤児救済のために尽力する。千鶴子氏は朝鮮戦争で夫が行方不明になってからも共生園を守り続け、1968年に亡くなるまでに3000人以上の孤児を育て上げ「韓国孤児の母」と敬われた。

 その後、母の遺志を受け継いだ基氏は木浦・共生園をはじめ、大阪・堺市では日本初となる在日コリアンの特別養護老人ホーム「故郷の家」を開設するなど、母がやり残した事業にも熱心に取り組んだ。

 また、世界の孤児たちが堂々と生きられるようにと、母・千鶴子氏の生誕100周年を機に「世界孤児の日」の制定の必要性を訴え、ついに韓国で国連「世界孤児の日」制定推進運動が動き始めた。

 

 今回は、日本と韓国、そして日本人と在日コリアンの間を福祉や国際交流の面から友情の絆でつないできた尹 基(田内 基)氏に、在日コリアンや地域社会が抱える高齢者問題そして今後の少子高齢化社会についてご講演していただきます。


日 時:2018年9月3日(月)18:00開演(17:30開場・受付開始)

場 所:名古屋市教育館 2階 講堂

    名古屋市中区錦三丁目16-6

    地下鉄東山線・名城線「栄」駅3番出口より徒歩1分

参加費:500円 ※資料・会場代として

定 員:150名 ※要申込

主 催:韓日歴史・文化フォーラム実行委員会

後 援:在外同胞財団

    駐名古屋大韓民国総領事館

お申込み・お問合せ:

    韓国民団愛知県本部

    TEL.052-452-6431/FAX.052-452-1716

               E-mail:jigyoアットマークmindan-aichi.org 又は お問合せフォーム


【講演会場】


ダウンロード
※案内チラシのダウンロードはコチラからお願いいたします。
第52回案内.pdf
PDFファイル 155.2 KB

韓日歴史・文化フォーラムとは


 韓日歴史・文化フォーラムは、2004年に退任した柳洲烈(ユ・ジョユル)元駐名古屋韓国総領事が、2001年11月からほぼ毎月開いていた「韓日歴史座談会」を継承・発展させようと、7人の有志が呼び掛け人となって始まりました。
3ヶ月~4ヶ月に一度の割合で、韓半島の歴史・文化等、この地方でも縁のある題材を中心に、その分野では著名な講師を招き、開催しています。